アルミレーザー切断品を1枚から翌日発送します! A5052以外のアルミも切断可能! 切りにくい銅・真鍮もカットできます!
HOME >  お客様の声 >  3次元CADが得意な板金屋さん

お客様の声

全国から、ありがとう!!の声が届いております
DSC01492

今回はアルミ専門レーザー屋(レーザーテック)の

近所にある板金屋さんにお伺いしました。

 

【会社紹介】

株式会社ワカタ製作所

http://www.wakata.co.jp/

〒555-0012
大阪市西淀川区御幣島5丁目11-27

電話;06-6472-7140

渡邉社長

ワカタ製作所様は

アルミ専門レーザー屋(レーザーテック)の近所

車で10分くらいの場所で操業されています。

特に3次元CADを用いた、複雑な形状の板金製品が得意です。

 

 

ワカタ製作所様は、板金屋さんなので

レーザー加工機はもちろん ブレーキプレスで曲げ加工

溶接まで行われています。

ということは、ある程度仕様が決まれば

3次元CADで設計して、自社で最終製品に近いところまで

形にできるということです。

複雑なややこしい案件も対応してくれるとのことなので

他の板金屋さんで断わられたような物件でも

一度ご相談ください。

 

【なぜレーザーテックに外注にだされるのですか?】

ワカタ製作所様はレーザー加工を2台お持ちなのです。

しかし、アルミのレーザー切断はアルミ専門レーザー屋に

外注に出されています。

それはなぜでしょう?

実は、板金屋さんで アルミは外注に出すというところは多いのです。

アルミ専門レーザー屋のお客様で3割くらいは同業のお客様が多いのです。

レーザーでは、鉄とステンレスしか切断しないと

社内で決められているお客様が多いのです。

ワカタ様も、そのような会社で社内ではアルミは切らないと決められています。

【なぜ、自社でアルミは切らないのですか?】

アルミはレーザー切断時、鉄に比べてレーザー光の反射率が高く

反射したレーザー光が逆入して、機械を壊す可能性があるので

自社では切断しないとのことでした。

また。そもそも切断量が少なく慣れないアルミを切断して

加工条件出しで苦労するよりも、外注に出してその空いた時間で

自社の得意な鉄の薄板を切断するほうが、効率がいいとのことでした。

 

【レーザーテックに期待することは何かありますか?】

レーザー加工機が故障した時に、近所なのでお互いに

助け合うことができたらいいと思う。

 

 

 

 


お客様の声一覧へ トップページへ



レーザー加工したサンプル送りまっせ-! 資料請求 お問い合わせ


  • 知りたい!
  • アルミ専門レーザー屋の強み
  • レーザーでアルミを切る!
  • 安心の管理体制
  • 品質について
  • 料金について
  • 業務の流れ
  • 依頼の仕方
  • アルミの種類
  • 発送・梱包について
  • よくある質問
  • 会社情報
  • 会社概要
  • 充実の設備
  • スタッフ
  • アクセスマップ
メールマガジン